アスベスト

■ TakeharaKenzai Info
アスベスト
とは
石綿とも呼ばれ、天然の鉱物繊維です。耐火性があり丈夫であるという特性から、建材にも多く使われてきました。しかし、発がん性があるということで現在では使用・製造が原則として禁止されています。
どこに使用
されたか
石綿が含まれる建材は1955年頃から石綿とセメントを混ぜたものが鉄骨造の建物の耐火被覆材として1989年頃まで使われていました。当初は60%から70%程度の含有率でしたが、1989年頃には5%程度の含有率で使用されていました。その他にも保温材、内装材、外装材、屋根材に使われています。
作業の分類 ■Level1 石綿含有吹付材等
石綿含有吹付材または建築用仕上塗材で発じん性が著しく高いものをいいます。施工時に労働安全衛生法と大気汚染防止法の届け出が必要で、セキュリティゾーンを設ける等十分な準備を行います。
■Level2 石綿含有保温材等
保温材や断熱材、耐火被覆材等で発じん性が高いものを言います。施工時に労働安全衛生法と大気汚染防止法の届け出が必要で、セキュリティゾーンを設ける等十分な準備を行います。
■Level3 石綿含有成形板等
成形版なので発じん性は比較的低めですが施工時には湿潤の上、飛散しないような注意が必要です。
△TOP